HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

加速する「引き寄せ」

f:id:chihonakajima:20170903163109j:plain


近所にある図書館からの帰り道
十字路でどちらに進むか考えた。

一方には何もなかったが
もう一方からは数人歩いてくるのが見えた。

「こちらに進むとすれ違うのが面倒そうだ」
と感じたものの
緑が多く気持ちの良いその道を選んだ。

相手側がときどき歩みを止めたせいか
すれ違うより先に
次の十字路に差し掛かったので
予定通り右に曲がることにした。

内心
面倒なすれ違いが回避できた
と思考の実現に感謝していた。

「Excuse me」
唐突に英単語が聞こえてきた。

「?」ながらも声の方へ振り向くと
その数人のうちの一人が
私に向かって再度 Excuse me と声をかけてきた。

あり得ないほど驚いた❗

というのも
私の暮らす街は完全な住宅エリア
住んでる外国人をたまーーーに目にしても
有名な観光地などなく
だから
海外からの観光客なんて
いるわけがないような場所で

今までここで暮らしてきて
こんなシチュエーションに会うことはおろか
想像もしていなかった。

話してみると
我が市にある唯一の美術館を探しているという。

「何故ここに?」
と何度か聞いてみるも
要領の得る回答はなかったが
台湾から来たという家族らしき一団を
無事案内し終えた。

そしてふと気付いた。

あ、これも引き寄せか。

日本でも大きな都市を中心に
よく見かけるようになった
海外からのツーリスト

困ってそうな感じを見つけるや否や
英会話のレッスンも兼ねて
海外旅で助けて貰ったお礼も兼ねて
私は嬉々として声をかけていた。

それは大きな街や観光地だけに限られたことだと
思い込んでいただけに

我が地元の小さな街の
住宅街のど真ん中で
そんな状況が向こうからやって来たことに

制限なんて何もない

何でもどこでも叶うんだ

と嬉しい驚きを得た。

最近
本気で「引き寄せ」を認めたら
疑いようのないことが
凄いペースでやって来る。

たとえ些細なことであっても
私には「それ」とわかる形で。