HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

自分が意識してるだけのこと

私はすっぴんで生きることにして
結構時間が経った

きっかけは「嫌だったから」

私はアトピーと診断されることもあるくらい
肌が敏感だ

パーマを充てれば
パーマ液に肌が負ける

化繊入りの服を着れば
表示を見なくてもチクチク分かる

だから
女性の身だしなみ
と言われる化粧も
そうだから
とやっていた

ただ
肌が負けるのが怖くて
化粧品選びは一苦労するし
そうして選んだモノでも
メイクを薄ーく薄ーく施していた

更に汗かきだから
待ち合わせ場所に着く前に
薄い化粧は落ちていた

「何でこんなことをしなくちゃいけないんだろう」

お金もかかるし
肌もしんどいし

だから
止めてみた

初めはなんか怖かった
「ブサイク」に映るとビクビクしていた

そんな私が服を買いにいくと
こんなことが頻発した

100%
フェイスカバーをお使いください」
と試着時に言われるのだ

もちろん
すっぴんだから使わないのだが

「何だ。あんなに気にしてたのに
 すっぴんだなんてバレてないじゃん」

化粧でうきうきするならそれで良い

ただ
私みたいに外的理由で
心が望まぬまましてる人は
止めればいい

自分以上に
すっぴんな自分を
認識してる人なんていないのだから