HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

あるものを楽しむ のと 楽しいことをする の 違い

f:id:chihonakajima:20171012143438j:plain


目にするたびに「あれ?」って違和感を抱く

人生を楽しもう❗ってヤツ


これって「楽しむ」ってことに
違いは一見無さそうだが

起点によって実は大いに違う


いろんなしがらみから
(価値観やら常識やら)
先にすることが「決まって」いて
そこから「楽しさ」を見出だす

ハッピーそうなんだけど
無理くり感が否めなくて

何より軽い感じがしない

その視点を「ヒント」として
心軽やかに「愉しい」のならば良いのだけれど

両肩に力を込めて
「楽しむぞっ❗」
って探り探り行動するのって

力んじゃって
力んじゃって

気付けば止めどない疲労感に襲われる

楽しむ=疲れる

って公式に成りかねない


逆に
起点が「愉しい」という感情からだと
次ぐ行動も「軽やかさ」を伴っている

身を任せる感覚で

どうなろうと
何処へ行き着こうと

ただただ「愉しく」

そういう時に
サインや引き寄せがやって来るし

そもそも
サインや引き寄せすらも求めていないから

来たときの感動も大きい

もはや予期せぬ「ご褒美」

最後は感謝しかない


もちろん
第一段階として
「することを楽しむ」
って手法はアリだが

やがて「ココロ起点」でないがゆえの
矛盾や違和感にたどり着いてしまう


だからこそ
そのひと手間はすっ飛ばして

「期待」や「結果」に依存しない
ただただ「愉しい」ことをすれば

満たされ続け

「生まれてきて良かった」
「生きてて良かった」

という感謝の念にまで至れる


いろんな経験をして来てこの頃
そう実感するばかり


特に他人と交わっているとき
「ポジティブだね」
「良いヒントを貰えた」
「なんか嬉しい、勇気出た」
なんて言葉を受けとるたびに

そう言う人ほど
「頑張ってしまってるんだなぁ
 宇宙を信じて任せちゃえば良いのに」
って

私もすぐに出来た口じゃないけど
それでもやって来たからこそ
そう思わずにはいられない


心が教えてくれる
「好きなことをする」

「しなきゃいけない」ことから
見出だすより早いし楽だ💛