HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

軽い「嫉妬」のその先に✨

f:id:chihonakajima:20180315000512j:plain


今日もシンクロサインで動いていた


「出掛けようかな」

と思っていた矢先に
宇宙を介して出逢った娘にお茶に誘われたのだ

2つ候補があったが
お肉NGと言うことだけを伝えると
行きたかった方に場所が決まった✨


お陰で
出先でやりたかったことができた

それ以上の報酬もあった


本屋さんで読みたい雑誌を前に
「待ち合わせに間に合わないな」
と断念しようか思いつつも
「大丈夫。上手くいく」
といつもの調子でいれば

彼女から遅れると連絡が来た✨


そうそう
どんな自分も愛で、受け入れ
宇宙を信じていれば
いつもこんな具合だ


そうして彼女と落ち合い
お茶をしながら話を進めると
少し違和感を感じている自分がいた


その違和感をよくよく見つめていたら

解った🎵


彼女は私の半分の歳で学生

聞けば親御さんの仕送りだけで暮らしている


私は学生時代バイトに明け暮れていた

お金は「貰う」ものではなく「稼ぐ」ものだった


だからだろう

バイトもせずに
仕送りだけで暮らし
私と街でお茶をしている彼女に

嫉妬していたのだ

「今どきの子は」まではいかなくとも

違和感を感じていたのだ


これはつまり

「私はお金を貰える人間だ

 ただ在るだけでお金を受け取って良いんだ」

と自分自身が許していないことの「現れ」


私が心底「そう」思っていたら

「そうあっていい」が当たり前になっていたら

彼女に「違和感=嫉妬」を覚えることはなかっただろう

気づかないくらいスルーしていただろう


全ての感情は

「今」の自分を写し出してくれる


そこに気づければ

もう「クリア」したのも当然💫


下手な感情に掻き乱されず

波動を下げることにも繋がらず

苦なくありのままを受け入れて

自分を愛でることが出来る


伝える役割を担ってくれた相手に

感謝が沸く


そして

そういう現実を

自分が引き寄せ、造り出したと

解る💫💫💫