HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第2話 Don't need to judge everithing, "Good or Bad" 2

f:id:chihonakajima:20170217115130j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、ワクワクを選択することでたどり着いたミラクルの続きです。

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

友達を誘い、断られたその週末
私は本を返しに図書館へ行きました。

 

次は何を借りようか。


「私に必要な本、アピールして!」
と心で話しかけながら本棚を見ていると。。。


先日、別の友人から勧められた本、発見!!!

 

「おおお、ここで出会ったか~^^」
とほくそ笑みながら手に取り
同様に目に飛び込んできた他の本も次々に借りて
私はワクワクしながら図書館を後にしました。

 

帰り道
「静かなカフェでお茶しながらゆっくり読みたいなぁ」
と住宅街の中にあるカフェへ。

 

全くお客さんはおらず
好きな席に腰かけた私は
紅茶とケーキをオーダーしました。

 

で、ケーキを食べたとたん
「私だったこうするな~」
という気持ちがむくむく湧いてきて
本に集中出来なくなってきました。

 

すると
お店もほぼ満席?というくらい混みだしてきて
「落ち着かないし、ケーキ作りたくなってきたから帰ろう」
とカフェを後にし、材料を買いにスーパーを目指したのでした。

 

【続く】

 

**************************

 

Hi, dear.

I'll continue from where I ended last time.

 

++++++++++++++++++++++++++

 

At the weekend,
I went to a library to return books and borrow new ones.

 

When I look for something I need,
I just rely on my inspiration and I did so this time too

I catched a book my another friend recommended,
found several exciting books for me and borrowed them.

 

After that, I wanted to read them right away,
so I went to a quiet cafe and nobody was there with the exception of the owner.

 

I odered a piece of cake and a cup of tea.

 

When I had the cake, I thought that I made it better.

 

As I was excited about imagining what I made,
I coudn't concentrated reading any more and it was getting crowded at the cafe gradually.

 

I decided to make it, left the cafe
and went toward the supermarket to get ingredients for it.

 

【to be continued】

 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第1話  

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第3話

良いと思うか、悪いと思うかだけのこと 最終話