HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

すべては完璧 Everything is Perfect

f:id:chihonakajima:20170316192650j:plain

 

こんばんは CHIHOです。

 

先日、一瞬イライラしそうな場面をポジティブに捉えた結果

引き寄せが出来たエピソードです。

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

ある日のこと

 

朝食を摂りにレストランへ。

ウェイティングボードに名前を書き、座って待っていたら
次に入って来たお客にスタッフが気づき案内を始めた。

お客側は気づいており、 こっちをちらちら窺いつつも
私に譲ることもなく そのまま案内されていった。

 

一瞬
「私が先なんですが。。。」
って言おうかとも思ったが

 

「起こることはすべて私にとって完璧」

 

と考えた私は
そのままフラットな感情で待つことにした。

 

そして次に私が案内された席は
入店時から「あそこが良いなぁ」と思っていた
窓側の見晴らしの良いまさにその席だった。

 

私より先に案内されたお客の方は店の奥の方へ案内されたのに。

 

やっぱりそう言うことだよねぇ
ありがとう💖💖💖

 

何が起こっても
「上手くいく」って
ポジティブキープしてれば

 

最終的には願いが叶う

 

**************************

 

Hi, dear.

 

This episode was what happened to me about attraction
when I changed my frustrating feelimg into the positive one
with keeping my mind flat.

 

++++++++++++++++++++++++++

 

Oneday, I went to a restaurant for breakfast.

 

There was no staff and.
I wrote my name in a waiting board and sat down a waiting seat.

Two new guests came into the restaurant next and standed in front of the board,
a staff noticed them and started taking them to a seat.

 

At first,
I thought of complaining about skipping me,
but I didn't do that.

 

Because
I know everything happened to me is perfect.

 

After that,
the staff took me a seat by the window,
and it was a very seat I really wanna sit !!!

If I complained that I was the first,
I would be taken to the far side of the restaurant like that guests.

 

Keep me positive in any situations.

 

Because finally wishes come true....

 

良いと思うか、悪いと思うかだけのこと 最終話 Don't need to judge everything, "Good or Bad"

f:id:chihonakajima:20170217115130j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、ワクワクを選択することでたどり着いたミラクルの最後です。

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

無事ショートケーキが完成!!!

 

ふと近所に住む友達に渡したいと思った私は
早速彼女にLINEしてみると
ちょうど最寄り駅に着いたところでした!!!

 

お互い駅近くに住んでいるので

「今から持ってくわ~」

と即行動^^

 

ちょうど彼女の家の前で会い
ケーキを渡しながら久しぶりの再会を喜びつつ

「あ、数日前に彼女を誘って断られた
 会おうと思ってたこの日に
 今こうして逢えてる!!!」

と気づいた私。

 

一度は誘って断られたものの
それを忘れて、好きなことをワクワクのまま行動していたら
こんな形で願いが叶ったのね♪♪♪

 

断られたからって悪いことではないんだ。

 

それを淡々と受け止めて
意識を楽しい別の何かに持って行けば
幸せはいつでもやってくる^^

 

これが引き寄せなのかもしれない
と思わずにはいられなかったのでした。

 

**************************

 

Hi, dear.

I'll write the end of this story.

 

++++++++++++++++++++++++++

 

I finished making this sponge cream cake.

 

And then,I send a message where my friend was
as it occurred to me that I delivered this cake to her.

 

At that time,
she'd just arrived at a station near each house
so I was ready to go out immediately.

 

I just met her in front of her house and shered our joy.

 

Suddenly, I realized that
it was exactly that day she refused to meet me before because of her schedule
and finally I met her in the unexpected way!!!

 

REFUSE is not wrong.

 

I change my mind into more excited and follow that,
I can get the miracles and it might be Attraction.

 

I learned to have my happiness anytime, anywhere from this...

 

 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第1話 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第2話 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第3話 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第3話 Don't need to judge everithing, "Good or Bad" 3

f:id:chihonakajima:20170217115130j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、ワクワクを選択することでたどり着いたミラクルの続きです。

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

ショートケーキを思いついてたので
生クリームを購入したけれど
いちごを始め他のフルーツはピンとこず
「家にあるバナナかオレンジをキャラメリゼするか」
と帰りました。

 

帰宅すると母がちょうど買い物に出かけるところで

「何か要るものない?」

とな。

 

「すんごく安かったらいちごかリンゴを買ってきて。
 無くてもどうとでもなるから、わざわざは買わないでね」

と答えた私。

 

母を見送り、ケーキ作りにかかると
雨が降ってきました。

 

うん、良いタイミングで帰ってきたな^^

 

そうほくそ笑みながら作業を続け
楽々とケーキは焼きあがりました。

 

【続く】

 

***************************

 

Hi, dear.

I'll continue from where I ended last time.

 

++++++++++++++++++++++++++

 

I bought fresh cream for the cake at the supermarket.

I considered getting some fruits but I couldn't make sense them 
so I gave it up.

 

When I went back home,
Mom just finished the preparation to go shopping and asked me what I want.

If the price of strawberries and apples were cheap,
please would buy them; I said.

 

After she went out,
I started baking sponge cake and it began to rain.

 

Yes. I came back home at the right moment ^^

 

I continued doing that and chakled to myself.

 

The cake was done.

 

【to be continued】

 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第1話

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第2話

良いと思うか、悪いと思うかだけのこと 最終話 

ワクワクするシンクロシニティ  Happy Synchro

f:id:chihonakajima:20170224104127j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、朝
起きぬけに起きたシンクロを綴ります^^

 

+++++++++++++++++++++

 

ふとTVを点けたら
見覚えのある歌手の名前が!!

調べてみたら確かに
中学の頃に知り、ハマって聴いていた歌手だった。

気になり歌詞を見てみたら
彼女はこう歌っていた。

 

「天国はこの地球にある
 愛が最も大切だって言ってる」

 

その頃はかっこいいだけで
英語の歌詞はちんぷんかんぷん
興味すらなかったけれど

今の私には

なんてシンクロなの!!!

と言わずにはいられない(笑)

 

まずは自分を愛すること

 

そしてそれが拡がって
全てが幸せになる

 

もうもうもう
ありがとうしかないっ(≧∀≦♪)

 

********************

 

When I turned TV on,
I found a name of my favorite singer as a childhood.

I researched her song and read its lyrics

She sang in English

 

"Heaven is a place on earth

 They say in heaven love comes first"

Heaven is a Place on Earth ; by Belinda Carlisle

 

It was just cool to my ears in those days
and I coudn't understand its meaning exactly
because of too young.

But now, I can do that definitely!

What an amazing Synchronicity!!!

 

My love is to me first.

After that,
it could be spreaded to everything for being happy on their own.

 

I LOVE ME.

YOU LOVE YOU.

Thanks of all!!!

 

chihonakajima.hatenablog.com

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第2話 Don't need to judge everithing, "Good or Bad" 2

f:id:chihonakajima:20170217115130j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、ワクワクを選択することでたどり着いたミラクルの続きです。

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

友達を誘い、断られたその週末
私は本を返しに図書館へ行きました。

 

次は何を借りようか。


「私に必要な本、アピールして!」
と心で話しかけながら本棚を見ていると。。。


先日、別の友人から勧められた本、発見!!!

 

「おおお、ここで出会ったか~^^」
とほくそ笑みながら手に取り
同様に目に飛び込んできた他の本も次々に借りて
私はワクワクしながら図書館を後にしました。

 

帰り道
「静かなカフェでお茶しながらゆっくり読みたいなぁ」
と住宅街の中にあるカフェへ。

 

全くお客さんはおらず
好きな席に腰かけた私は
紅茶とケーキをオーダーしました。

 

で、ケーキを食べたとたん
「私だったこうするな~」
という気持ちがむくむく湧いてきて
本に集中出来なくなってきました。

 

すると
お店もほぼ満席?というくらい混みだしてきて
「落ち着かないし、ケーキ作りたくなってきたから帰ろう」
とカフェを後にし、材料を買いにスーパーを目指したのでした。

 

【続く】

 

**************************

 

Hi, dear.

I'll continue from where I ended last time.

 

++++++++++++++++++++++++++

 

At the weekend,
I went to a library to return books and borrow new ones.

 

When I look for something I need,
I just rely on my inspiration and I did so this time too

I catched a book my another friend recommended,
found several exciting books for me and borrowed them.

 

After that, I wanted to read them right away,
so I went to a quiet cafe and nobody was there with the exception of the owner.

 

I odered a piece of cake and a cup of tea.

 

When I had the cake, I thought that I made it better.

 

As I was excited about imagining what I made,
I coudn't concentrated reading any more and it was getting crowded at the cafe gradually.

 

I decided to make it, left the cafe
and went toward the supermarket to get ingredients for it.

 

【to be continued】

 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第1話  

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第3話

良いと思うか、悪いと思うかだけのこと 最終話 

ススメのサイン The sign I got is "Go ahead."

f:id:chihonakajima:20170218212533j:plain

 

こんばんは CHIHOです。

 

今回はひらめきからつながったサインの体験を綴ります。

 

+++++++++++++++++++++

 

横になってTVを見ていた私

TV台の下には数冊の本が置いてあります。

 

ふとそのうちの一冊に目が留まり
タイトルは『世界一ふざけた夢の叶え方』

 

「あ、友達とこれを実行する時期かもな」

と思い立ち、うろ覚えの内容をもう一度確認しようと本を開いた瞬間

 

カコーン!!!

スマホからメッセージ着信音!!!

 

はいはいはい 来ましたね~w

 

予感を感じながらスマホを確認すると
案の定、イメージが浮かんだ友達からのもの

しかも写真が送られてきていて
その本は私の知ってる涙したおすすめ本

 

はいはいはい やりますよ~ww

 

私が本をきっかけに掴んだイメージ
夢実現のためにやっちゃいますよ~www

 

今書いているのはまだスタート地点

未来がどうなっているのか
夢はサインの通り実現するのか
同時進行で書き綴っていきます^^

 

***********************

 

Hi, dear.

I experienced to get a sign with my inspiration.

 

+++++++++++++++++++++++

 

When I watched a TV show, my eyes catched a book on a shelf below the TV.

Its title was "How to make my dream come true very easily,"
and then I took the one and read its prologue.

 

At that moment I heard message aleart tone and it hit me from my friend.

Because I've already imaged who did with me, and it was her.

 

It was exactly from her and she sent a picture;
it was my recommendation and I was inspired from it as well.

 

I KNOW. I KNOW. I'LL DO IT!

 

I got a sign through my friend so I was excited
and I'm sure to achieve my dream with her help.

 

It's starting point now.

 

I'm just excited whether dream will be realised in future
and I'll keep writing what happen to me. 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第1話 Don't need to judge everithing, "Good or Bad" 1

f:id:chihonakajima:20170217115130j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

先日、ワクワクを選択することでたどり着いたミラクルを綴っていきます。

 

+++++++++++++++++++++++++++++

 

季節はバレンタイン

巷で行われているチョコフェアに行き
とても美味しいチョコやスイーツを見つけた私は
一緒に行こうと友達を誘いました。

 

彼女は私にとってとても大切な友達の一人

美味しいものを見つけるたびに
彼女の顔が浮かびます。

 

今回も同じように彼女の顔が浮かび
「一緒に食べたらもっと愉しいだろうなぁ」
とワクワクし、誘うという行動に移しました。

 

「これ以上読んでワクワクする文面ってないよね!」
という想いと一緒に送信したところ彼女の答えは。。。。

 

「予定が入ってて無理だわ」

 

ただワクワクは伝わっていたようで

「もうフェア終わるよね」
「行きたいけどなぁ」

という気持ちは見えるものの
彼女は目の前の愉しみではなく
前から決まっていた予定の方を選んだのでした。

 

私の方も

「ここまでのワクワクを伝えて乗ってこないなら
 もう分かった、分かったよ~」

と行けないショックから晴れやかな諦観へと
ネガティブな思いをすぐに手放したのでした。

 

【続く】

 

*************************

 

Hi, dear.

I'm telling about one of my miracles that was happend me by choosing what was excited lately.

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

It was a valentine season in Japan.

I went to the Chocolate Fair and found several excellent sweets
so I asked my friend to go enjoy it together.

 

She is one of my special friends.

Whenever I find amazing food,
her face flashes into my mind and I wanna share them like this.

 

At the time I also got the same feeling and obeyed my spirit.

 

However she said "No" because of busy on her schedule.

 

She also knew that my plan was nicer than hers
but she gave it up.

 

I accepted her choice disappointingly and changed my mind to be positive soon.

 

That means I threw my negative mind away .

 

【to be continued】

 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第2話 

良いと思うか、悪いと思うのかだけのこと 第3話

良いと思うか、悪いと思うかだけのこと 最終話