HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

自分が「そういう現実」創ってる

f:id:chihonakajima:20180216225526j:plain


「普通はさ」
「常識だと」

こんな枕詞で愚痴ってるのって

そういう現実を自分で創ってるからで
周りのせいじゃないんだよ

言ってしまえば「愚痴りたい」んだよ


普通ってなに?常識って何よ?

それに囚われて
イライラするんなら

そう視なきゃ良いのよ

こういう意識の人と話をすると

「押し問答」のようになる

私のとってこの時間が
ただただ「消費」
ただただ「徒労」

自分の大切な時間を
こんなことに費やしたくないって

好きなこと
ワクワクすること
心から望むこと

してたら

本気で気づく
本気で思う


そろそろ気づいた方がいい

嫌な現実って
自分が創ってるんだってことを

そう自分が捉えてたんだってことを


そろそろ気づいた方がいい

望む現実を
自分が造り出せるってことを

本気で覚悟して
視方を変えるだけで💫

「カタチ」から入るもよし✨ ただ自然とそうなるよ🎵

f:id:chihonakajima:20180210225202j:plain


色んな啓発本には
色んな How to が書かれている

「笑おう」とか
「こういう色良いよ」とか

それはそれは色々と

「🎵」となるなら
それは「合ってる」証拠

あなたの心、魂が反応して教えてくれてるんだから
こころゆくまで愉しめばいい


私の場合は

人間関係に手こずってたある時
「笑とけ、笑とけ」
ってふと思い立ち
笑うように心掛けたら

人間関係が良くなっていった

恋愛運を上げるならピンク色
ってよく聞いてたけど
全く着る気にはなれなかったし
幼い頃から寒色系が好きだった

そんな私が「どんな自分」も許して受け入れて
好きに生きていくようにしたら
ピンクやイエロー、オレンジと
「暖色系」を着たがる自分になった

そして昨日
図書館を目指して歩いてた

空は青く澄み渡り
立春を過ぎた陽射しは
春の柔らかさをはらんでいた

クリアーなブルーと
優しい陽射しに

「ああ、なんて幸せなんだ」

胸が至福でいっぱいになり
少し涙ぐんだ

生まれてきた
生きてきた

その歓びと感謝しかなかった

ゆきのさんがかつてブログに書いていた
至福の感覚に包まれた瞬間だった


宇宙は
それぞれのベストな時に
それぞれのベストなことを
届けてくれる

それは本やブログを読んだ直後ではなく
こうして遅れても届くの✨

私が本の言いなりにならないように

私がゆきのさんの言いなりにならないように


私が自分を信じ続けられるように✴


大丈夫

心が答えを知っている

それに従って任せてれば良い💫💫💫

「今、ここ」に生きる✨

f:id:chihonakajima:20180209094358j:plain


数年前に読んだ本をきっかけに
お肉を食べなくなった

細かく言えば
「お肉を美味しく感じなくなったから
 食べるのを止めた」

あまりに突然の切り替わり方に
いつものように
食卓にはお肉料理が用意されており

「とは言ってもな」
と自分でも不思議な部分があったので
口にしたら「不味かった」

あまりに突然の切り替わり方に
記憶や意識の部分では
「食べてみたい肉料理」はいっぱいあったが

想像を伸ばしていくと気分が悪くなり
未だ食べてはいない


このとき
心底こう感じた

「同じ明日があるとは限らない」

同じような日々が
いつもいつもやって来るなんて
大間違い

私の場合なら
「お肉大好き」から「お肉が不味い」へ
感覚が変わった

精神的な変化で


だからこそ
食べたいときに食べるに限る

「いつか」なんて
不確かなものにかけず

「今」を行き続けるのだ

数年経った今ではもう平気だし
未練も後悔もほぼ皆無だけど

肉への意識が変わった瞬間は
「ああ、食べとけば良かったな」
と日々感じていた


食べたいときに食べる

やりたいときにやる

行きたいとこへ行く

これが「今を生きる」だ💫

言葉って「言霊」✨だから大事

f:id:chihonakajima:20180208105629j:plain


今、旅行会社のカウンターに居る

目の前のお客さんが帰るとき
スタッフの方がこう締めた

「大変お待たせして申し訳ありませんでした」

声音から
挨拶がわりに定例文として
無意識に話してるようだ

こういうのホントによく聞くし

接客業をしていた私も
もしかしたら無意識に話してたかもしれない


でも
これって怖い

待ってる気になってなかったお客さんも

「待たされた」気になる


こういう無意識の連続で
こんな「クレーマー社会」に
成長しちゃってる

そう思えてならない


言葉って「言霊」

とても影響力があるし

だからこそ「意識」したい


この場面だったら。。。

「お越しいただき嬉しいです。
 ありがとうございました。」

これで良いんじゃない?


嬉しく思えない
ありがたくも感じない

そんな違和感を覚えるなら

それはあなたに「合ってない」

さっさと辞めて

自然とそう思える場所を探そう💫

どんどん「当たり前」になる引き寄せ✨✨✨

f:id:chihonakajima:20180206155122j:plain


*ワクワク、今したいことって何かな?

家に在るパンケーキミックス
パンケーキを焼こうと思った

ベリー類が好きだけど
フレッシュは高いから
100均ローソンで
冷凍のベリーを買って
ベリーソースも作ろうと思った

そのままでいたら数日後

母がイチゴとブルーベリーを買ってきた

私が大のイチゴ好きなので
イチゴを買ってきたのは「あるある」だけど

ブルーベリーなんて
数年に一度あるかないかのミラクル✨

思わず
「ベリーパンケーキを作ろうと思っててん」
と母に打ち明けた


*ワクワク、今したいことって何かな?

ブログを書き上げ満たされた私は

昨日撮っておいた
バレンタインチョコをインスタに上げた

我ながらの良い出来に
ニマニマして「ふと」自分のページを見たら
フォロワーが3桁になってた✨

今朝「変化してるかな」と
若干の期待を抱いて見たときには
なにも変化がなかったのに


*ワクワク、今したいことって何かな?

そのままいい気分で
お茶をしたくなった

我が家の牛乳は
値段に縛られて
成分に縛られて
安いけど加工されまくった
うっすい牛乳

ミルクティもカフェオレもココアも
これで作るとメチャクチャ不味い

なので
たまに自分で牛乳を買ってきてるのだが
飲み干せないので習慣にはなっていない

「せめて1本は
 低温殺菌の無調整牛乳に」

そうお願いしようかと思いながら
キッチンへ行き
カフェオレを作ろうと冷蔵庫を開けたら

まさに1本
低温殺菌の無調整牛乳が入っていた✨



現実は自分の波動が「創っている」

宇宙と共に💫


だから
鼻唄混じりで波動を上げたまま

期待も執着もせず望んだら

望んだことを忘れていたら

ベストのタイミングで
宇宙はやってくれる💫


時には「すぐ」に

時には「数日後」に

時には「数ヵ月後」に

私よりはるかに大きく
全てを見渡せている宇宙が解っている

最善の時に💫💫💫

宇宙の流れに乗っかったら。。。

f:id:chihonakajima:20180204175631j:plain


ゆきのさんのワークをしつつ
宇宙はあると認めて動いた


今日は立春

仕上げの段階のようだ


すると先程
テレビの制作会社から
インスタ写真を使わせてほしいと
連絡が来た

突然過ぎて驚いたし

今日というタイミングに笑けてきた


インスタ歴、5ヶ月ほど

自分で「お♪」と思った写真を、気持ちを
出すだけのために始めただけなのに

宇宙はマジで
予想もつかない「サプライズ」を
こんな形で届けてくれるなんて


認めて良かった

自分を信じて良かった

好きなことしてて良かった

宇宙、ありがとう✨


心底言える


宇宙はある💫


起こるミラクルは
偶然でも
ポジティブな解釈でも

ない✨


好きなことして

好きな波動を

ワクワクすることして

ワクワクの波動を

やりたいことして

満たされた波動を


出してれば


宇宙がやってくれる✨


ビックリするようなことを✨


「これで良いんだ」って
ストンと疑いもなく
自己肯定出来ることを✨


波動が現実を造る✴

起こっている「現実」は関係ない✨大事なのは自分の「意識」

f:id:chihonakajima:20180203091106j:plain


以前
最終バスが行ってしまったので
空港まで父に迎えに来てもらった

そのときの車中で
父がこうぼそりとつぶやいた

「もうこの距離を走るのはしんどいんだ」

これ以降
空港に寝泊まりしてでも
父の送迎をあてにするのは辞めた


先日
父が車に乗って出掛けた

親戚の家に出掛けたのだ

ちなみにここ親戚は
空港の近くに住んでいる

つまり
「もう嫌だ」と言った距離を
父は走っていったのだ

電車という選択肢もあるのに


私はここで父に恨み言を言いたいわけではない


空港の送迎は
父が「ワクワク」望んでしたことではない

「父として」しなければいけない
「娘の期待」を裏切ってはいけない

その心で行動しているから
嫌だし、しんどいのだ

対して
親戚の家へは父が望んで行った

連絡を取り合い
日時を決め
出掛けていく

そして嫌だと言っていた一端の
深夜に車を走らせて帰ってくるのだ

「電車」でも行けるのに
「車」で行くのだ、行きたいのだ


全く同じ現実
この場合で言えば
「神経を使う夜間帯に長い距離を車で走行する」

ここでの違いは
「意識の方向」

自ら望んでしたかどうか

そこにワクワクし「愉しさ」が伴っているかどうか


前者には「無く」
後者には「有る」

程度の差はあれ、そう言うことだ


私は
常識や慣習
様々な制限と決別し

心のままに生きると決めた
覚悟した

だからこそ
「望まない」送迎を
これ以来頼むのは辞めたのだ


現実がどうこうじゃない

意識が「在り様」を決めている


やりたいこと
ワクワクすること
心が望むこと

そう生きれば解ってくる💫💫💫