HIRAMEKI-inspiration- diary

ひらめきのままに I just follow my spirit

自分が世界を創る✨

f:id:chihonakajima:20181109174019j:plain


宇宙の流れに乗ったまま
やって来た福岡


宿の主はとても良い感じの方で
安心の中
太宰府へ向かった


勝手の分からない西鉄電車
隣のベンチに腰かけていた
読書中の老婦人に声をかけた

とても気さくに快く対応してくださり
そこから拡がる弾んだ会話で
私の地元と息子さん夫婦の今の住まいが
同じだと解った

シンクロ~✨

乗り換えが必要だった私は
教えていただいたホームに立っていた

電車が来ると
慌てたように彼女が駆け寄ってきて
「コレに乗るのよ!」

なんて親切なの❤


太宰府では
その彼女がおすすめしてくれた橋を巡った


庭園のきれいな寺院
撮影NGと立て札があった

入り口のおじいさんに
「やっぱり撮っちゃダメですよね」
そう尋ねると
小声で
「バレないようにね」
と強面をほぐして答えてくれた✨


一通り巡り終え
これまたおすすめの梅ヶ枝餅お茶屋さんへ

通されたのは
ほぼ個室で
庭を望む席だった✨


気になってた神社へは
バスに乗る必要があった

そこまでして行くべきか
お店の方に尋ねたら
笑顔で「行ってらっしゃい」と
勧められた


30分に1本のバス
バス停に着いたときには
すでに出たあとだった

「あと30分待つのか」
そう思いよくよく掲示板を見ると
『4分遅れ』の文字❗

結果まもなくバスはやって来た✨


寺院を参拝し
お腹に減った私は
帰りも30分に1本のバスが
目の前にいたにも関わらず

カフェへ向かった


カレーを頼み
待っていると
サラダを持ったお店の方がやって来た

気さくな方で
心を良くした私は
寺院で見かけた温泉の看板について尋ねてみた

そのとき2時間ほど待たなくてはいけない
営業時間だったので
地元の方に良し悪しを聞きたかった

空港で夜を明かした身体を
温泉で休めたかった


すると彼女はこう言った

「あそこは沸かし湯だからおすすめしない
 バスで帰るなら途中にある
 ホントの温泉に行きんしゃい♪」

私の希望通りの温泉を教えてくれたのだ✨


バス停でちょこっと調べてみたら
太宰府に着いたとき
駅でみたホテルの施設だと分かった

「確か送迎バスがあったんじゃ。。。」

ちらっとだけ見た記憶と
ホテルならあり得るだろうという読みは
バッチリ当たった❗

勧めてもらった「途中下車からの徒歩」
ではなく
もっと楽でフリーのシャトルバス

そして思った通り
30分に1本のバスと
30分に1本のシャトルバス

遅れていたにも関わらず
見事な乗り継ぎだった✨

**************

並べ出したら切りがない

これでもかっ!!!!
と言わんばかりの宇宙の恩恵💫


でも解っている✨

これは「私が創った現実」なのだ

ウキウキワクワク安心感
春の陽射しの中のような感覚

そう居続ければ
こういう事は普通に起きるのだ


太宰府の温泉に浸かっていたとき
私は心底幸せだった✨

お湯が気持ちいい
体がサッパリ

物理的な気持ちよさを
全面的に受け入れていた


そして思い出した

フィリピン留学時に行った
ボホール島のリゾートビーチ

素晴らしい夕暮れに
紅い虹まで出たのに

「私はここで何をやっているんだろう」

全く心から喜べなかった

焦燥感とアンニュイさに苛まれ
心が幸せで満たされなかった


幸せって周りから運ばれてくるものじゃない

自分が「在る」事に気づき
歓びと共にそのまま受け止めれば
良いだけなんだ


そうすれば誰もが出来る

幸せで在れる💫💫💫

********* まずは私CHIHOと話してみませんか? 私はこういうこと 話すのが大好き✨ そして「話す」ことで 「放す」ことが出来ます💖 興味の湧いた方 心が騒いだ方( 〃▽〃) まずはこちらにご連絡ください✨ tiho7ciaobearflag@gmail.com お待ちしております💖💖💖